チラシ作成における解像度について


チラシ作成における解像度について結論から先に述べますと、チラシ作成で画像を載せる場合、原寸で350dpi(dot per inch)が必要とされています。もちろん印刷方法、紙の種類にもよりますので一概には言えませんが300~350dpiが基本といえるでしょう。これはチラシ作成においてとても基本的なことなので、デザイナーは知っておかなくてはなりません。綺麗な印刷物ほど大きな線数と度数が必要になってきます。例外をあげますと、新聞などの粗い紙を使用している場合、120~160dpiでも大丈夫です。度数は低ければ低いほど画像が粗くなり、高ければ画質があがります。ただし度数を高くした場合その分データが重くなるので、web上では72dpi辺りが通常使用されています。 解像度はスクリーン線数とも大きく関係しており、両方の組み合わせで印刷の綺麗さが変わってきます。スクリーン線数を上げれば画質はとても綺麗になりますが、それに見合った用紙を使用しなくては意味がありません。新聞のような粗い紙に対してスクリーン線数を上げてしまうと、余分に印刷されるインクを紙が吸収しきれずに結果的に滲んでしまい、汚くなってしまう場合もあります。スクリーン線数の2倍の数字が必要解像度です。印刷時に使用する用紙によってスクリーン線数は変化させなくてはいけない事を忘れないようにしておきましょう。 以上のことを踏まえてチラシ作成するだけで、見栄えの良い印刷物が出来るはずです。