チラシ作成するならカラー?単色?


チラシ作成を行う時、仕上がりがカラーにするのか単色にするのかにより、チラシの宣伝効果も変わります。 写真を掲載する場合などでは、チラシを目にする人に写真を通じて広告宣伝を行えると言うメリットが有り、モノクロよりもカラーにした方が伝えやすさが有ります。 また、写真を特別掲載しないものでも、色を使う事で文章を協調する事が出来るなどのメリットが有るのです。 チラシ作成では、どのような広告を掲載するのかにより、色を使うのが良いのかどうかも決まって来ます。 文字が主体となった場合など、デザインを作り上げる事で一色での印刷物でも十分見る人に広告内容を伝える事が出来ます。 しかし、料理の写真などを入れた場合、一色での印刷物と色を使ったものでは、料理の美味しさを伝える事が出来るかどうかの違いが生じる事になるわけです。 色が付いている事で、料理の美味しさを、チラシを見ている人に伝える事が出来ると言う事です。 例えば、この料理は美味しいと言う表現が記載されているだけのチラシと、写真を使ってフルカラーで印刷したものでは、色が付いている方が見る人にとっては美味しく感じますし、チラシ作成を行う目的でもある、見ている人に的確に広告内容を伝えると言う目的を達成し易くしてくれるのです。 逆に、新装開店などのチラシなどの場合、お店の地図やオープンする日時と言った文字だけで済ませる事が出来るチラシ作成などの場合は、単色でも良いと言ったチラシの宣伝効果や内容により変わるのです。